30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

「トキメキから絶望へ」お見合い(㉖T根さん)

トキメキ女性

 

先日、お伝えしていた10歳年下の女性とのお見合いのお話です。

相手の担当者コメントには「私がときめいてしまいました」と書いてあるほどの逸材。

「10歳年下の女性とお見合いできるなんて、まだ自分も捨てたもんじゃないな。」

と完全におじさまな気持ちでお見合いに挑んできました。

ただ、ここ何人もきちんとしたお付き合いにならなかったり、突然お断りをくらうようなことが続いたので、「浮かれないで、まずはお見合いの場でしっかり話さねば」という気持ちで挑みました。

 

 

<お見合い申し込み>

相手が「好みのタイプ」に自分を登録してくれていたので、こちらから申し込みをしました。期限ぎりぎりで成立。

<お見合い調整>

けっこう先になりました。

本日、会ってきました。

<お見合い会場まで>

近くのホテルラウンジへ

<お見合い>

ここで「トキメキ」が「絶望」に変わりました。

 

第一印象ですが、年齢より上に見えました。

ただ、まだ若いし、もともとの顔立ちも悪くありません。

なのに、なんで、写真をあんなに修正してしまうのでしょう。

お肌ピチピチのトキメキアイドルのように。

写真では、清楚で純真で可憐・・・

表情も修正したのかもしれません。

洋服もすごい凝りましたね。

これは、ある種のアートです。

 

何より、お話しての印象・・・

これはもう、プロフィール詐欺です。

やりすぎです。

自分のPRと担当者コメント合わせて、別人に仕立てあげてます。

 

今回は、それ以外に大きな不安を感じたので、交際に前向きになれませんでした。

正直、1時間苦痛でした。

<結果>

悪い人じゃなかったです。

でも、「交際見送り」にさせてもらいました。

<今回のお見合いで得たもの>

若い女性には気を付けよう。

年上男性に申し込んでくる場合、「年齢」だけがアピールポイントということも。