30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に30代後半。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

「絶対結婚したい!」なら「結婚相談所しかない」たった一つの理由

空の下手を繋ぐ

巡り合う

こんばんは。

お休み期間中の10年婚活男子です。

 

このブログを見てくださっている方には、「婚活をしようか迷ってらっしゃる方」「もう婚活を始めているけど成果がでなくて悩んでいる方」もたくさんいらっしゃると思います。

 

婚活って始めるのも勇気がいるし、始めてもなかなか成果がでずにしんどい思いをすることが多いですよね。

 

そんなあなたに、あらゆる婚活を10年にわたり経験してきた私が、「『絶対に結婚したい!』なら『結婚相談所しかない』たった一つの理由」をお伝えしたいと思います。

 

これを読んで、ぜひ、みなさんも「結婚相談所」に入会してください!!

 

では、さっそくはじめていきましょう。

 

 

あなたが成婚できないのは本当に「出会い」の問題か

本当は出会いはあった!?

「結婚したい!」のに「結婚してない」理由を考えたとき、多くの人は、「出会い」がなかったことに原因を求めるでしょう。私もそうでした。

でも本当にあなたは、今まで誰とも出会ってこなかったのでしょうか。学生時代、はたまた社会人になってから、同じ職場、友達の紹介、合コン、出会いイベント等で「いいな」と思える異性と知り合う機会はなかったのでしょうか。

おそらく、多くの方が今の年齢になるまで、少なくとも数人、十数人の適齢期の異性と知り合う機会があったはず。

今、周りにいる成婚者は、その中から結婚相手を選んでいます。 

なぜ成婚できなかった?

男女ともに、成婚できなかった理由に大差はありません。ウェイトは違いますが。

女性からよく聞くのは、これ。

「仕事が忙しかった」「達成したい目標があった」「良い人がいなかった」「いつか良い出会いがあって結婚できると思っていた」「まだいいかなと思っていた」「今の生活に満足していた」「相手に振り向いてもらえなかった」「お付きあいしていた人がいたけど別れてしまった」

でも、これ本当にそうでしょうか。

「仕事が忙しかった」

 「いき遅れたバリキャリ」が多い「結婚相談所」で、よく見かけれるのが、この理由を言う女性。

でも、本当にそれが結婚できなかった理由でしょうか。

多くの男性は、忙しい仕事をしていても結婚しています。

仕事の負担が大きすぎるなら、タイミングをみて結婚後を見据えられる部署に移るとか、転職するとか、バランスを取り戻すタイミングはあったはず。

婚活女性とお会いしていると、意識の高い女性の中には「このままだと結婚できない」と、20代のうちに転職された方がちらほらいらっしゃいます。

あなたは、周りが結婚していく中、真剣に結婚を考えていましたか。

「達成したい目標があった」

 達成したい目標があろうがなかろうが、結婚する人は結婚します。

その目標は結婚とは本当に両立しないものだったのでしょうか。

そもそも、自分は「結婚」よりも個人的な「目標」を大事にしたくなるタイプだと自覚した方がいいかもしれません。

その自覚がない限り、仕事を頑張っていることを言い訳に永遠に結婚できないでしょう。

たくさん、いますよ。そういう女性。

「良い人がいなかった」

自分と似たような環境にいる周りの人はそんななか結婚していますよね。

あなたが思う良い人ってどんな人でしょう。

あれもこれもしてくれて、自分を好きにさせてくれる、あなたにとって都合のいい「理想の人」なんじゃないでしょうか。

自分から「関係」を育てようとしない人は、だれとも良い関係は作れません。

誰も寄ってきません。寄ってきても、すぐささーといなくなります。

あなたの近くにいた「異性」も「心」を持つ人間です。

気になる人から「素敵!」と言われたいのです。

周りの異性に選ばれなかった自分を自覚しましょう。

「いつか良い出会いがあって結婚できると思っていた」

あなたの言う「良い出会い」とはどんなものでしょう。

「好きになれそうな素敵な人が、自分の思い描く形でアプローチを続けてくれて、だんだんその人に惹かれ、その人がいつのまにか「結婚」まで連れて行ってくれていた」という「出会い」ではないですか。

男性はそんな女性を見て、みな思っています。

「し〇んでください」と。

おおっと。

「まだいいかなと思っていた」

結婚てたいへんですものね。

そんな中、結婚へと踏み出すのは勇気がいります。

ただ、気を付けてください。

ようやく、今、男性の気持ち、結婚という共同生活のことを真剣に考える「スタートライン」に立ったあなた。あなたは男性が女性に望むことがわかりますか?あなたは目の前にいる男性を幸せな気持ちにすることができるでしょうか。

男性の気持ちを理解して、男性に「この人と結婚できたらな」と思わせることができる他の大人な女性たちと勝負できるでしょうか。

残念ながら、あなたが真剣に婚活しても、それが分かるまでに2~3年はかかる可能性があることを覚悟しましょう。

「今の生活に満足していた」

平日、一生懸命働いて、週末は趣味と女子会、連休があればちょっと遠出して、長期休みは先輩or同僚or後輩と海外旅行へ。

はい、結婚できない女性の典型です。

結婚相談所にたくさんいます。

「今月はもう週末予定がいっぱいで」

週末遠方に出かけてお見合いをして、高いコーヒー代を払い、ファーストコールの準備をして、デートプランを考える、ワクワクドキドキしながら。

そんな中「今月はもう予定がいっぱい」と言われる「交際中の相手」の気持ちを真剣に考えることができたとき、あなたはやっと婚活のスタートラインに立てると思います。

あれ!?・・・。

「相手に振り向いてもらえなかった」

相手はなぜ振り向かなかったのか。

振り向いてくれる相手と現実的なお付き合いをしましょう。

「お付き合いしたけど別れてしまった」

 いい年した男女がお付き合いして成婚しない。

もう、そんな場合じゃないでしょう。

人を見る目を養いましょう。

そして、その楽しく気軽なお付き合いと、相談所のお付き合いは質が違うのものになることを覚悟してください。

私も、お見合いの時に上の言葉を言われた女性に何人か会いました。

このタイプの方は、相談所に入っても、とっとと退会しちゃいますね。

相談所曰く「相談所で良い方が見つからなかった方が、他の場所で良い方を見つけられた例をきいたことがない。」だそうです。

あなたに足りないものは「成婚力」

あなたに足りないものは、実は、出会いではありません。

あなたに足りないものは「成婚力」。

ずばり「結婚する力」です。

結婚する人はいい出会いがあったから、結婚できたのではありません。

結婚する人は、どんな相手とでも結婚していきます。

「成婚力」は「自分に関すること」と、「異性に対する寛容力」から成り立っています。

あなたが成婚力を身につけただけでは成婚はできない

まずは成婚力をみにつける(婚活・第一ステージ)

 まずは、自分が「成婚する力」をみにつけましょう。

「自分に関すること」、たとえば、ファッション、身だしなみ、清潔感からはじまり、コミュニケーションスキル、教養、生活力、食事マナー、気遣い、などなど。ただ、これは何かの試験ではありませんから、「難しいこと」が求められわけではありません。気にしている程度で十分。もっとも「何か一つでも決定的に欠けている」というのは、選ばれにくくなってしまうかも。例えば、「お見合い、婚活」という大事な場面で、「私、標準体重より10キロ太っています」なんて人は異性に選ばれにくいでしょう。

現在進行形で婚活をしている一男性の視点から言うと、成婚できない8割の女性に足りない「力」。それは「自分から積極的に動く力」です。逆にいうと、相談所の女性、「自分からは何もしない」「受け身」の方のなんと多いことか~。「えー。中高生?」みたいな人ほんと多いです。

そういう人ほど、自分を「尽くすタイプ」とか言っちゃってます。びっくりします。

頭の中の妄想で「素敵な男性」に「尽くしている自分」を思い浮かべて、妄言を吐いてしまうんだと思います。こういう女性は、「尽くすタイプ」に条件がつくんです。「好きになったら」「尽くすタイプ」と。そして、好きにさせるのは男性の役目。好きになるまで何もしません。ていうか、もともと尽くしたことないけど・・・みたいな。

 まずは、相手に「してもらう」だけじゃなくて、「自分からすること」。それも「好きになったら」とかではなく、初めのタイミングから、「その交際」をうまく進めるために「その交際に」尽くすことを考えましょう。ほんとお付き合いが終わってみると、「なんだこのクソ女!?」と思う女性の多いことか。

「自分から積極的に動く力」が身につくと、今まで男性がしてくれていたことが分かり、「相手に対する寛容力」も身についてくるでしょう。

成婚力を身につけても結婚できない理由(婚活・第二ステージ)

 では、あなたが「成婚力」を身につけたら、成婚できるのでしょうか。

それが、残念ながら難しい。

なぜか。

ここからが、婚活の第二ステージ

「婚活市場」に入ってくる人は、男女ともに、「成婚力」が低い人が多いんです。

私もそうでした。

つまり、あなたと向き合う「お相手」の成婚力が低い、このケースも成婚にはたどりつかないんです。

「ネット婚活」「お見合いパーティ」「結婚相談所」どれも同じ構図です。

こちらが、努力して、努力して、完璧にふるまっても、交際がうまくいきません。

「結婚相談所以外」だと、音信不通。「結婚相談所」だと、交際終了。という結末になるパターンですね。

「結婚したい!」って思って高いお金払って、面倒な書類用意して、入会した結婚相談所の成婚率が2割しかない。この現実の重みと常々向き合わなければなりません。

女性で多いのは「価値観が違った」と相手を受け入れられない、「そもそもの人間力の低いタイプ」と「こんなこと言われちゃった」と「相手にうまく気持ちを伝えることができないアサーティブネスに問題があるタイプ」。あと先ほど挙げた、以下の理由を言う人です。「仕事が忙しかった」「達成したい目標があった」「良い人がいなかった」「いつか良い出会いがあって結婚できると思っていた」「まだいいかなと思っていた」「今の生活に満足していた」「相手に振り向いてもらえなかった」「お付きあいしていた人がいたけど別れてしまった」。この人たちの成婚力の低さはもうすでに書きました。忘れてしまった人はあとでもう一度眺めてみてください。ほんと多いですよ。

結婚相談所しかない理由

お互いが成婚力を身に付ける

ここまで読んでくださった方は、もうお分かりかと思いますが、たいていの人が結婚できない理由は、出会いの問題ではありません。

今の時代、出会いなんて、友達の紹介から始まり、ネットを利用しても、いくらでも作れます。

あなたが結婚できない理由は、「あなたの成婚力が十分じゃないから」そして「相手の成婚力も十分じゃないから」に尽きます。

では、まず、あなたが成婚力を高めるためにはどうしたらいいでしょう。

「自分磨き」これは大切です。しかし、いくら、オシャレをしようが、資格をとろうが、新しいことをはじめようが、男女の交際で求められるものはちょっと違うんですね。

やっぱり婚活に必要な「自分磨き」は、男女の交際の中でするしかありません。それのみが、成婚力を身につける唯一の方法です。

でも、あなたが、利用している婚活ツールが、なんのアドバイザーもいない場所だったら、自分の成婚力を高めることはできるでしょうか。

それは、とっても難しいと思います。多くの女性に見られがちなのは、交際がうまくいかなかったときに、その理由を自分の「年齢」や「容姿」のせいにするんですね。だから、ネット婚活では、おかしな角度から写真をとっているちょっと怖い女性の写真なんかをよく目にします。「見た目」にしか意識がいかないんです。他に、きれいな写真だけのせて、あとは「よろしくお願いします」しか書いてないプロフィールとかね。男性だったら、年収やら身長やらのサバ読みすることでしょうか。「結婚」を考えたとき、問題はそこじゃないケースが多いのに。

これは、自分の婚活の問題をカウンセリングしてくれる人がいないことから起こる問題です。もうお分かりかと思いますが、「成婚力」を高めるためには、アドバイスしてくれる人の存在が必要なんです。

かくいう私も、相談所での活動以前は、メール頻度、メールタイミング、メールの内容、デートプラン、どれも女性に受けがわるいものばっかりだったと思います。

振り返れば、私も頑張りました。

 相手にも成婚力がなければ、結婚までは辿りつかない

 あなたが、成婚力を身に付けたとき、成婚力のない相手をみたら、どう思いますか。

げんなりするでしょう。まあ、そこでげんなりしないのも成婚力なのかもしれませんが。

自分ばっかり相手に「してあげる」関係、それは、健全な関係ではありません。

そもそも、成婚力が低い人は、こちらがしてあげていることにも気づいていないもの。

私も何度か「この人と結婚して果たして自分は幸せなのか」と思うお付き合いを経験しました。

結婚相談所で婚活しましょう

ここまで話してきたら、お分かりだと思いますが、自分が成婚力を身につけ、相手もそういう努力をしている場所、それは結婚「相談所」以外にはありえません。

他に、誰か第三者が自分の婚活のアドバイスをしてくれる所なんかありますか?

最近、ネット婚活で活動している若い女性のブログを目にすることがありました。でも、けっこう、皆さん同じこと書いてあるんですよね。男性に対するネガティブ評価。それって、今では、私も気をつけていることもあるんですが、もう一つ、「あぁ、この女性、成婚力低いな。」「絶対成婚できないな」と思うこともしばしば。まあ、今の私が言うことじゃないですが。私がネット婚活等してたときに、「もしかして、相手の女性はこう考えているのかな?」と感じていたことを、そのまま感じて書いてらっしゃる。

なかには、共感できるものもありますが、多くの場合、「あー早く相談所行った方がいいな」とは思います。自分を客観視するためにも。人気ブログにも多いですよ。そういう女性。いずれ疲れて婚活やめることになるでしょう。

今の結婚相談所は、昔とは様変わりしている。

 結婚相談所というと、「結婚の墓場」「人生の墓場」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。でも、今の相談所はだいぶ違ってきていると思います。男女ともに素敵な方が多いと思います。これは、まさに相談所で婚活している自分が感じているところ。

他のツールはそもそも結婚したい人には向かない

ただ、結婚相談所での活動もバラ色なわけではありません。なんといっても、成婚率2割ですから。ただ、今ある婚活ツールの中で一番良いものであることは間違いありません。その辺の話は以前書きましたので、興味がある方は読んでみてください。

www.jyukon.net

 

まとめ

あなたが結婚できない理由は、「出会い」がないからではありあせん。結婚したい!」なら「成婚力」を高め「成婚力」の高い相手と出会うために、結婚相談所で婚活しましょう。