30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

バツイチ女性の再婚について語る

サルの告白

独白

あのさ~「バツイチ女性って『穴場』だよ。」ってアドバイス受けたことあるけど・・・。

そんなことないよ。

 

 

「バツイチ女性」が穴場の理由

離婚の増加とともに、再婚が増え、結婚する人の4分の1が「どちらかが再婚者」となっている現在の日本。しかし、そんな中、自分の結婚相手は「初婚の人のみ」と考えている人はまだまだ多いんです。

 

結婚相談所のプロフィール欄には、再婚者の便宜を図り、「再婚者との結婚を考えられるか表示」する欄が設けられている所もありますが、「初婚のみ」としている人も多いのが現状です。(条件がいい人ほどその傾向は高くなります)

  

結婚相談所では出会いに慣れていない、ピュアな人が多く、考え方が保守的なんですね。だから、再婚の方たちの側は、その方が持っている魅力とは別に、婚活に少なからず 苦労する面があるようです。

 

これが、「バツイチ女性」が穴場な理由です。

私の体験談

結婚相談所に限らず、婚活していると、一定の確率で再婚女性と出会いますよね。

この項では、再婚女性について、体験&分析を語ってみようと思います。

 私のスタンス

まず、私の再婚者に対するスタンスは「相手による」でした。

素敵な方がいれば、ぜひ結婚したいし、相手が再婚だから、というのはあんまり関係ない。

 

しかし、結婚相談所に入会して2年ほど、再婚女性とお見合いする機会はありませんでした。再婚女性側からお見合い申し込みがなかったのもありますが、私の方からも特に申し込みをしませんでした。

 

これ、多くの初婚の方の行動パターンだと思いますが、相談所に入会すると、とりあえずしばらくは、初婚の素敵な方がたくさんいらっしゃる。だから、再婚者のプロフィールを拝見して、「素敵な方だな」と思っても、とりあえず、その方は後回しにして、初婚の方にアプローチするんですね。あえて、自分からアプローチする気持ちまではもってないという。仮に、お見合い申し込ませて頂いたとしても、相手だって「良いな」と思わない人とお見合いしようとは思わない。だから、必ずしも、OKをもらえるとは限らない。経験上、こちらから申し込んだ場合のお見合い成立率は、再婚の方相手でも初婚の方と変わらないと思います。

 

私が、入会して初めて再婚の方とお見合いしたのは、入会して2年が経ってからでした。私もすでに申し込みたい人があまりいなくなり、そして、年齢も上がって、申し込んでくれる女性に再婚者が増えました。

 

そこで初めて会った再婚女性が積極的で、再婚者に良いイメージを持ち、以後、こちらも積極的にお見合いを受けるようになりました。今まで私がお見合いをした再婚女性は5人ほどです。

お見合いをした印象

 お見合いをしてみて、どの方にも、初めはかなり好印象を持ちました。

結婚相談所の「お見合い市場」には「そもそも男性と交際したことがありません。」という女性も多く、「お見合い→交際」がうまくいかないことが多いんです。

 

私が何度も経験している、コミュニケーションをとろうとしない、会おうとしないタイプの女性のほとんどはこのタイプだと思います。

 

再婚者は、このお付き合いの面で、すごくうまくいく印象を受けたんですね。実際、「交際中」になった方とは、初めからフランクな感じで付き合えました。

 

ただ、再婚女性とお見合いをしても、結局、成婚までは至りませんでした。理由を考えていくうちに、「再婚女性」には二つの特徴があることに気づきました。

 

一つ目は、「一度結婚している」長所とも考えられる部分、もう一つは、それまであまり注目していなかった「一度離婚している」という部分です。よくよく考えると、こちらの側面は無視できないくらい大きいと思います。

 

というのも、結婚したら、お互いの嫌な所が見えてきたり、二人で乗り切っていかなければならない課題なんてたくさん出てくるもの。そこで、笑って折り合いをつけられるか、「離婚」という道に進むかは大きな分岐点。ここで、離婚という道を選んだのが再婚者、という見方もできなくはない。

 

実際、再婚女性に、前の離婚の理由についてきいたこともあるんですが、「なぜそれで離婚する?」という理由をおっしゃられる方がいました。本当のことを言ってない可能性もあるのですが。

 

その方はとっても奔放な婚活をしてらっしゃいました。そのせいか、すぐ休会→退会してしまいました。

 

現在の、私の再婚者に対する印象は、お付き合いはしやすいけど、堅固な自分ルールがあったり、仕事のポリシーが強かったり、自信が過剰気味だったりして「折り合いをつけて相手とうまくやっていく」ことが苦手な方が多い気がする、というものです。

 再婚者のタイプ

再婚者には、タイプがあると思います。

1、バリキャリタイプ

総合職、お医者さんなど、仕事に人生を捧げ気味な人です。

でも家庭に2人も仕事中心の人がいたら、そりゃあうまく回らないことは増えるでしょう。

この人たちのすごい所は、子供がいても、離婚の選択をすることですね。

まあ、金銭的に困ることはありませんからね・・・。

2、実家裕福

相談所のプロフィールで雰囲気的に感じます。

親兄弟全員「大学院」卒業してるとか、実家が不動産持ってるとかね。

帰るところがあるってすばらしいですね・・・。

3、見た目きれい自信家

芸能人とかに多いですね。

自分がきれいなことを自覚してらっしゃいます。

再婚でも、新しい男性なんていくらでも見つけられると思ってるんでしょう・・・。

4、驚くほど男性を見る目がない

プロフィールではわかりません。

なぜ、その男性を好きになった!?

というタイプ。

女の子が生まれて母親に似たら心配かも。

 

結婚相談所では、上のタイプから順に多くなると思います。

バツイチ女性の成婚率

これは、感覚的なものですが、やはりそれほど高くはないと思います。

再婚者だって、結局は、相談所にいる他の女性たちと同じハードルにぶつかると思うんです。

・男性が奥手(女性もね)

・男女ともに年を重ねて、異性に対するトキメキを感じにくくなっている。

・男女ともに身体的な魅力が落ち、お互いに身体的な魅力を感じにくくなっている。

・年を重ねるとともに、無条件で相手に合わせる力が落ちている。

・自分の生活条件が固まってきている。

そんなとき、本人の持っている人間力みたいなもので乗り越えられる人はうまくいくでしょう。

成婚するのに一番大切なのは「どんな人とでも成婚できる!」という相手への寛容さだと思うのですが、実は、これがない方が多いのかな。(私も人のことは言えませんが)

再婚者の皆さん、婚活を始めるときには、再婚者の婚活の厳しさを聞かされるので、気合を入れてます。しかし、あっという間に諦めるか、相手を受け入れられずに延々と婚活を続けている印象です。

再婚者特有の事情かもしれませんが、「前の旦那さんと比べちゃう」っていうのは絶対にあると思います。若い頃に出会った元旦那さんは素敵に見えていた時期もあったでしょう。しかし、お見合いで出会う男性は、「恋愛」という所から始まりません。恋愛した前の旦那さんの嫌な所を受け入れられなかったのに、お見合いで出会った男性の嫌なところを受け入れられるかというと・・・。やっぱり比べちゃうでしょうね。

バツイチ女性に離婚理由をきいてもいいか

個人的に、私は、再婚女性に離婚理由をきいてもいいと思います。

ていうか、聞かないで、成婚なんて絶対に無理です!

ただ、お見合いルール上、あまり好ましくないこととされてますので、聞くときには、「聞いていいかわかりませんが」という枕言葉をつけたり、相手が嫌そうな素振りを見せたら、そこで諦めましょう。

私の場合、相手によって、気になる場合と気にならない場合がありました。

たしか、初めの1~2人は訊きましたが、後は聞きませんでした。 

でも、離婚した相手との現在の関係はどうしても知りたいですよね。

突然「寄りを戻すことになりました!」みたいなことを言われても困りますしね。

 

まとめ

再婚女性には2つの特徴がある。1つは、一度結婚しているとうこと。もう1つは、一度離婚しているということ。

案外、お勧めじゃないかもしれませんね!