30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に30代後半。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

100人とお見合いした男性が語る「婚活地獄」のつらさ

婚活地獄からの使者

 

体験された方は分かると思いますが、「婚活」って、本当につらいですよね。

今日は、私が体験した(している)婚活の大変さと、「婚活地獄」に陥ったときの対処方について体験したことがない方にも分かるように、お話したいと思います。

 

 

婚活のつらさ

婚活のつらさには2種類あります。

1つめは「気持ちの問題」

2つめは「スケジュールの問題」です。

まず、「気持ちの問題」について

婚活をされたことない人でも、「恋愛」や「失恋」でしたら、体験がおありだと思います。

婚活のつらさって、その「恋愛」「失恋」を短期間に何度も繰り返すことにあります。

 しかも、それが成婚が決まるまで続きます。高頻度で。なんといっても、結婚相談所の成婚率は20%ないですから。多くの方が成婚できずに終わるというおまけつきです。

 

「お見合い申し込み」「お見合い」「交際」「真剣交際」の段階でそれぞれNO(お断わり)ダメージをうけます。

例えば、お見合いの成立率は、みなさんが想像するより低いです。

f:id:ffoojj:20180820125832p:plain

基本、ほとんどの年代で「お見合い申し込み」の成立率は平均10%以下です。10人に申し込んで、9人に断られます。婚活中の私の体感としては、みなさん「この人と会いたい!」っと思う人中心に申し込みますから、15~20人に申し込んで1人と成立するくらいが実態です。

 

女性には、この段階でノックアウトになる方もいらっしゃるようです。

みなさん、プロフィール読んで、それなりの思いをもって申し込みます。なので、お断りのショックが大きいのは当然です。相談所によっては、1回のお見合いで高額の料金をとる所もありますから、申し込みに慎重になります。本当に会いたい人にだけ申し込む。その結果、ほとんどの方に断られます。

 

 ズバリ!「1000回アクションを起こして999回うまくいかないのが婚活」なんです。

 

しかも、「お見合い」が成立した!と思って喜んでも、「お見合い後」にお断りされて交際に進めなかったり、「交際になった!」て喜んでも、デート後に交際終了になることはたっくさんあります。

 

短期間で「出会い」と「別れ」を繰り返し、それなりに思い出を作った人ともその後は連絡を取れない!「プチ失恋」の連続!

1000回のアクションで999回うまくいかないイメージ!

これが「婚活地獄」の正体です。

余談ですが、だからこそ、正しい方角を指示してくれつつ、気持ちを軽くしてくれる相談所のカウンセラーさんの存在は大きいのです。

次、スケジュールの問題について

婚活をされたことない皆さんは、婚活がどれだけ忙しいかわかります?

これ、本気で忙しいですよ。

週末はもちろん、平日もですよ!

 

「平日にやることって、何があるの?」と思う方も多いでしょう。

まずは、「お見合い申し込み」をします。相手のプロフィール見て、吟味してお見合い申し込みを出します。申し込み自体は、ボタン一つでポチって感じですが、お見合い成立した後に「やっぱやだー」はできないので。慎重になります。

 

次に、「お見合い申し受け」にOKを出すか判断します。相手のプロフィールを読んでOKかどうかを吟味します。この場合は、自分が申し込みする場合とちがって、相手が許容範囲かの判断になることが多く、より悩みます。そして、お見合いOKをしたらすぐ日程調整に入ります。自分のもろもろのスケジュールを調整して、相手に日程を提案します。

 

さらに、前に「お見合い申し込み」した女性がOKをくれると、その「お見合いの日程の調整」にも入ります。まとめて「お見合い申し込み」をするので、複数の女性と「お見合いの日程調整」する必要が出てくることが多いです。

 

加えて、週末がくると、実際のお見合いです。ここで交際が成立すると、その女性と交際をしながら、他のお見合いをこなすことになります。

 

男性の場合、私の場合だけかもですが、女性と日程調整がかみ合わないことも多く、同じ場所に土曜日、日曜日と出かけなければならなくなることがあります。この場合は負担感が大きいですね。

 

活動を頑張っているときには、同じ日に、お見合い、デートをダブルブッキングでこなさざるをえないケースも出てきます。本当はしたくないんですが、別々の日にしていたのでは、間があきすぎて女性を怒らせますし、別の意味で体がもちません。早め早めに判断していかないと自分の首を絞めます。

 

私が一番ハードだった日は、お見合いを3人くらいとして、別の人とデートもして帰ってきたことがあります。最後は、眩暈がしてきました。

 

先ほども、書きましたが、これだけ頑張って婚活しても、成婚率は20%未満!

ほとんどの方は成婚できずに相談所を退会します。

私のように粘る人もいますが、1000回やって999回失敗、振出しに戻ります。

私がお見合いで出会った女性の話では「私の先輩は1年間で190人くらいと会って、成婚した。」という猛者もいたようです。

それだけ、会えるって、いろいろとものすごいことですが、これがどれだけハードなことか・・。想像しただけで疲れます。

 

最後、婚活地獄の対処法について

 下の記事でも書きましたが、

www.jyukon.net

 「婚活疲れ」で「婚活うつ」的な状況に陥り、婚活が地獄に思えてきたときには、とにかく、休む必要があると思います。

 

人間関係的な部分でもスケジュール的な部分でも本当にしんどくなるときがあるので、「少なくとも2週間、婚活関連のことはしない!」とズバッと決めてしまうのはお勧めです。

本当に婚活疲れがひどい時には、1か月、2カ月休んでも構いません。私にも半年くらい何もしない時期がありました。

 

余談ですが、最近、「婚活外来」を設置している病院があります。

私自身は利用したことはないのですが、予約をとって直接出向かなければいけない形式なため、利用者としては実用性に乏しいかもしれません。心療内科や精神科に設置されている場合は、薬を処方されるだけで終わる可能性もあると思います。

電話やネットで相談できるサービスも増えていますので、どちらかというと、そちらを利用する方が便利かもしれません。料金もお手頃ですし。

 

もう一つ、婚活疲れを感じるときには、結婚相談所を変えることを検討してもいいと思います。上の記事でも書きましたが、結婚相談所にはハズレが多く、今利用している結婚相談所がきちんとサポートできていない可能性は大きいです。

 

相談所にも「『相談』を受けない『結婚相談所』は『結婚相談所』ではない。」というポリシーで運営しているところがあります。

 

良い相談所に出会うと、それまで婚活で感じていた不安、疲れがだいぶ軽減され、婚活を楽な気持ちで進められるようになります。

 

まとめ

婚活地獄のつらさの原因は、短期間に出会いと別れを繰り返すことにある!

つらさを感じたときには、まず休むことが大切!