30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

ステマが多い!?パートナ―エージェントに対する私の評価

パートナーエージェント サイト

 

今回は、パートナーエージェントについてのお話。

 

婚活をしようと思ったら、どこで婚活をしようか悩みますよね。

「ネット婚活」「お見合いパーティー」などなどいろいろありますが、その辺は全部やめておいた方がいいと思います。その理由は、こちらに書きました。

(「10」まであります。読みたい方は右のカテゴリ、「婚活アドバイス」からどうぞ。)

 

www.jyukon.net

 パートナーエージェントはステマが多い!など、パートナーエージェントに対するネガティブな評価を目にすることがあります。

 

自分も、過去パートナーエージェントに話を聞きにいったこともあるのですが、結局入会しませんでした。ただ理由は別の理由です。自分は、パートナーエージェントにはパートナ―エージェントの長所があると思っています。

 

パ―トナーエージェントの長所

それは、大きく分けて、2つです。

 

1つめは、現在、躍進中の結婚相談所(結婚情報サービス?)であることです。

結婚相談所によっては、会員数はそれなりに多いものの、新陳代謝があまりなく、入会後しばらくすると、申し込みたい人がいなくなってしまう所があります。

パートナーエージェントは新規入会者獲得に力を入れていますし、成婚率もそれなりに高いですから、今、結婚したい!と強く思っている人たちが集まっている可能性があります。

 

2つめは、料金の高さですね。「料金の高さと会員の活動の真剣度が比例する」というのは本当だと思います。結婚相談所でも、1回のお見合いで高額の料金をとる所は、会員が1回のお見合いに真剣に挑む傾向があります。そしてその後のお付き合いも真剣なものになりやすいと思います。私が今参加している相談所では、その月の上旬に交際が成立したのに「今月の週末はもう予定がいっぱい」と言われたことがありますし、過去、他の予定を優先されて初めて会ったのは交際成立の2カ月後くらいになったこともありました。おそらく、料金が安い所に加入されている会員だと思います。

 

3つめは、これが一番大きな理由ですが、1つの母体「パートナーエージェント」が運営している結婚相談所であることです。いわゆる「連盟」に加盟している「結婚相談所」というのは、フランチャイズ形式でかなりいい加減な運営をしている場合や成婚までのポリシーが違い「交際」がうまくいかない場合が極めて多いです。後者で典型的なのは、会員とコンタクトをとっておらず、システム提供がメインになっているような「相談所」です。いわゆる「格安相談所」にはこのケースが多いです。

 

この場合、会員は、お見合いのマナーやルール、慣習的なものを知らずに自分中心の活動をするため、多くの場合、成婚には至りません。もちろんその人と「お見合い」「交際」していた相手は時間と費用を無駄にすることになります。

 

私は、このデメリットをかなり強く感じていたため、パートナーエージェントへの入会を検討しました。

 

結婚相談所連盟にも、フランチャイズ形式がベースなのに直営店を構えている所があります。ご存知の方はいると思いますが、「IBJパートナーズ」です。私は、こちらにも話を聞きに行ったことがあります。「IBJパートナーズ」のお話で印象的だったのは、「うちは成婚率50%以上だけど、加盟店の成婚率は17%くらい、真剣にサポートしている同士の方が成婚が決まりやすいから、どうしても内部での紹介が多くなる」という言葉でした。

 

私の経験でも、まさにその通りだと思います。

真剣に結婚したいと思って、手厚いサポートの相談所に入って、丁寧なサポートを受けている女性と、真逆の女性、どちらの方が成婚しやすいと思います?

お付きあいしている男性の方も、相手の女性がそういう所の人だと実はすごい楽です。相手の相談所がかなりレクチャーされますから。「連絡がない」「会えない」などの理由でヤキモキさせられることはまずないのです。

 

結局、今の相談所にたまたま出会い、メリットを感じたため、こちらに入会しましたが、婚活がうまくいかないと、いまだに「『パートナーエージェント』に入会しようかな」という気持ちになったりします。

 

以上は、実際にパートナーエージェントに入会したことのない人間の話なので、あしからず。