30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に30代後半。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

若いのに人格者!「遅刻しても、怒らなかった女性」とのお見合い(㊷S野さん2)

f:id:ffoojj:20181207201929p:plain

S野さん

キャンセルするはずだった、S野さんとのお見合い。

 

自宅に帰ってから、少し、冷静になった私は、こちらの相談所に再度連絡をしました。

「もう、先方にキャンセルの連絡をしてくださっていたら、それでいいんですが、まだ、されてないようでしたら、『来週、三連休にお見合いできるようなら、お見合いをさせてもらいます』と伝えてもらえますか。」

 

私も、素敵な女性と出会う機会を逃したくなかったんですね。

 

相談所からは

「分かりました。伝えてみます。」

と連絡が入りました。

 

S野さんからのお見合いの有無は、相手からの連絡待ちになりました。

 

ところが、ここからが、さらに一波乱ありまして・・・、

結局、三連休に、お見合いはできませんでした。

「もう予定が入ってしまっている。」

というのが理由でした。

 

私は、三連休すら時間がとれない女性とお見合いしても、無駄にしかならないので、このお見合いの話はここで終了だな、と思ってました。

 

しかし、しばらくすると、S野さんの都合の良い日程が送られてきたんですね。

 

 

「・・・・・・。

 

 

「こちらの話、伝わってる?」Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

 

結論から伝えると、相談所のカウンセラーさん、伝えてなかったんですね。

こちらも問い合わせたんですが、逆に説教?説得?されて、「お見合いをする」ことになってしまいました。

(; ̄Д ̄)なんじゃと?

 

では、お見合いのお話です。

 

<お見合い会場まで>

前回とは違う、初めて使う会場になりました。

S野さん、本当に人格者で、2回とも、私寄りの場所に来てくださいました。

当日は、意外と、到着がぎりぎりになってしまい、駅から距離もあるので、タクシーを使いました。ビップ気分。

 

<ファースト・コンタクト>

S野さん、早めに来て、ラウンジの前のソファーで待っていてくださいました。

私は、S野さんと顔を合わせると、まずお詫びをしました。

「先日は、すみませんでした。」

すると、

「こちらこそ、待っていられなくて、すみませんでした。」

w( ̄△ ̄;)wおおっ!

本当にできた女性です。


<お見合い>

お見合いでは、話が合いました。

S野さんのお仕事が、私の詳しい分野だったり、私の仕事に、S野さんが詳しかったのもあるかな。

お住まいの場所とかも比較的オープンに話してくださいました。

ただ、S野さん、まったく緊張している感じなどはなく、こちらをあんまり男性として見てない気も・・・・


<お見合い後の感想>

お見合い前の「いきさつ」があったため、交際OKを出すか迷いました。

私が辿り着きつつある「婚活の境地」なのですが、結婚相談所で本気で成婚したいと思ったら、「相手が素敵な女性かどうか」とは別に、「相手が成婚までいける女性かどうか」をみる必要があります。

この点、S野さんは「成婚までいけない女性」の可能性が高いと思いました。

「お見合い日程が調整しにくい女性は、十中八九、成婚しにくいタイプ」だからです。

悩んだ結果、

「相手が交際OKを出して来てくれたら、こちらも交際OKを出す。」

という女子的な返事を相談所に伝えました。

<結果>

少し、期待しましたが、交際不成立でした。

∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!


<今回のお見合いでの学び>

お見合い結果は、なるようにしかならない。