30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に30代後半。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

親密感をつくる(㊲Z合さん22)

f:id:ffoojj:20190224223008p:plain

親密感

1週間ぶりに、Z合さんに会いました。

最近は、軽口を叩きあえるくらいの仲になってきました。

 

彼女も信頼してくれているのか、

自分を表現してくれるようになりました。

嫌なことを言われると、眉間にシワがよります。ぷぷ。

 

「会った後に電話」がお約束に。

お付き合いのことって、面と向かっては話しにくいんで、

会った後に、電話で話してます。

 

最近は、母親に、私の存在を感づかれたらしく、

「どんな人?」

「仕事はしてるの?」

と聞かれるそうです。

 

彼女いわく、

「母親は、そういう勘がするどい」

 のだそうですが、

 

私から言わせれば、

「自分が鈍いだけ」

な気がします。言ってませんけど。

 

ここまで、婚活をしてみて、

男女が親密感を築くって本当に難しい、とあらためて感じてます。

 

ほんと、お見合いから、3ヶ月で成婚するかどうかを決めるなんて至難の業。

毎週会っていたとしても。

 

お互い慣れて、長時間過ごせるようになるのに、それくらいはかかります。

 

仮に、結婚、という所に向かうなら、

 

一日一緒に過ごす

   ↓

二日一緒に過ごす

   ↓

一週間一緒に過ごす。

 

これくらいまで体験しておきたい。

 

ハグした、キスした、一泊した、〇〇◯した、

じゃあ、結婚だね。

なんて、ちょっと考えられません。

 

現状、一日長時間過ごしただけで、

「しばらくは一人の時間がほしいな」

ってなってますからね。

 

電話で話してみたら、Z合さんも同じような感覚がありそう。

 

理性や思考、言葉のコミュニケーションで分かりあった気になっていても、

実は、その後に、「感情」という、男女にとってより本質的なものが控えているイメージ。

ある程度の好意があっても、この「感情」の部分で「受け入れる」「慣れる」ことができるようになるまでには、どうしても物理的な時間が必要。

 

一緒に長い時間を過ごす。

これができるようになるには、感情にフォーカスして積み重ねる必要がある。

いくら、理屈を積み重ねてもダメ。

 

脳でいえば、理性・思考を司る「大脳新皮質」の問題ではなく、より深層にある感情を司る「大脳辺縁系」のお話。

ちなみに、さらに深層には、呼吸を司る脳幹があります。

 

感情に働きかける上で、有効なのは肉体的なスキンシップ。

男女の関係って、どうしても理屈、論理じゃない部分がある。

このスキンシップをお互いに受け入れることができるかどうか、

そして、スキンシップを媒介にして、感情の部分の信頼関係を積み重ねていけるかどうか、

 

相手に触れる、相手はそれを受け入れてくれる。

次にまた触ってみる、それも受け入れてくれる。

次にまた触ると、微笑んでくれる。

そして、今度は、相手から触ってくれる。

by 10年婚活男子 心のポエム

 

こういう部分が、結婚に向かう男女の関係では、

絶対に大切。

 

問題は、結婚相談所にいる間に、揺るぎない信頼関係を築けるか、それとも、成婚退会したあとでもまだ曖昧な部分を残しておくか、というところ。

 

もちろん、前者がおすすめ。

 

Z合さんとは、最初の2、3ヶ月、毎週のように会ってましたが、

あの頃、まだ、打ち解けられてませんでしたね。

 

まあ、今も、過程ではありますが・・・。

 

f:id:ffoojj:20190224233105p:plain

仲良し