30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

30代卒業!と同時に成婚しました。ポジショントークの多い婚活情報デブリの中でリアルな体験記を発信中。たまに日常・グルメレポートも。

こじれはじめた関係(㊲Z合さん27)

f:id:ffoojj:20190416213817p:plain

平日の電話

結婚相談所のカウンセラーさんと話をした数日後、

Z合さんと今後のお付き合いについてライン通話で話ました。

そこでは、これまで何度か確認した「お付き合いを進めながら関係をつくっていく」という方向性を再確認しました。

そのときは、「Z合さんも納得してくれた」

そう思って、電話を切ったのですが・・・。

 

翌日から、Z合さんのラインの返信が遅くなり、どうも様子がおかしい。

 

男性の気持ちが理解できない女性

「なんで?」

ようやく返ってきたラインを読み解くと、

どうやら、Z合さん、納得してなかったようでして・・・。

ラインには、

「もう、決めなくちゃいけない時期なのに、まだ決まらないなんて・・・。」

という交際に黄色信号が灯る内容が書かれていました。

「でも、『交際を進めながら、関係を深めていこう。』っていうのは、何度も確認してきたよね。」

と説得しても、火に油を注ぐ結果にしかならず・・・。

怒った女性

「もう信じられない」

こうなってしまうと、女性に論理は通用しません

いくら、なだめすかしても、

怒った女性

「もう信じられない」

「もう、決めなくちゃいけないのに、まだ決まらないなんて、もう10年婚活男子さんを信じられないの。」

の一点張り。

泣きそうな女性

「もう信じられない」

終いには、

「そっちの相談所のカウンセラーさんの言っていることは、矛盾していて、よくわからない。」

「そちらのカウンセラーさんを抜かして、こちらの相談所のカウンセラーさんと3人で会ってほしい」

と言い出す始末。

いじける女性

「もう信じられない」

もうね。

あることないこと、今までの不満が溢れ出たり、

同じような愚痴を蒸し返してくるので、

子どもを相手にしているようなものでして。。。

 

かなり抵抗したのですが、この時点では「YES」と言うしか「彼女をなだめる方法」が残っておらず・・・。

仕方なく、土曜の夜、19時に、先方の相談所のカウンセラーさんに一緒に会いに行く約束をしました。

 

 

つづく。