30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

30代卒業!と同時に成婚しました。ポジショントークの多い婚活情報デブリの中でリアルな体験記を発信中。たまに日常・グルメレポートも。

プロポーズをする2(㊲Z合いさん30)

f:id:ffoojj:20190620213057p:plain

ディナーコース

予約席に通されると、飲み物を注文して、さっそく料理が始まりました。

 

オードブルから始まり、いろいろ出て来ましたが・・・・

 

すでにまったく覚えていません ( ̄ー ̄; ヒヤリ

 

緊張はしてませんでしたが、

まあ、ホテルの食事って、雰囲気を楽しむだけで、料理はそんなに美味しくないんですからね・・・。

いきなりディスってますが、景色はとっても良かったです。

 

食事中の話題ですが、

すでに、「結婚について」の話が話題のテーブルにのぼっていました。

Z合さん、けっこうふわふわとした人なので、あまりはっきりものごとを言わないのですが、

「結婚したら、大変だね。」

とか

「本当にいいの?」

みたいな話をしてました。

 

「うん、もちろん。」

 

高い天井、薄明かりのライトアップ、

ほろ酔いで、ぼんやり中庭をみながら、いい気分でした。

 

料理を食べながらの、楽しい時間はあっという間に過ぎ、

気づくと、サーブをしてくれるスタッフが

「次は、デザートになります。もう、運んでもよろしいですか?」

と、サプライズプランのサイン。

 

私が、

「お願いします。」

と言うと、

Z合さんの後ろにススーと台が運ばれてきました。

その上には、ケーキが載せられています。

同じ台には、見えないように、さっき私が渡しておいた花束も。

 

2人のスタッフがやや緊張しながら、台の上で準備をしています。

 

ケーキがZ合さんの目の前に置かれました。

サプライズ プロポーズ

結婚してください

驚いた様子のZ合さん、

ケーキに書かれた文字をマジマジと見つめています。

 

すぐに別のスタッフが花束を運んで来てくれました。

 

「結婚してください。」

バラ 愛しています

愛しています

 

 

「これ、いつから準備してたの?」

 

ちょっとだけ早めに来てたんだよ」

 

Z合さん、

プッと吹き出しながら、ニコニコしてました。

 

2人で、スマホでケーキの写真をパシャパシャとっていると、

スタッフが気を利かせて、2人の写真を撮ってくれました。

 

パシャ

 

ケーキをはさんで、にっこり笑顔の私と、花束をもったZ合さん。

 

これが、私の婚活が終わった日になりました。