30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

「すいません。自分結婚できますか?」2

 

 

電話 イラスト


〇電話での転機

プチ失恋、婚活うつ、状態を何度か経験し、

転機が訪れたのは、当時の相談所での活動に行き詰まりを感じていたお見合い2年目が過ぎた頃でした。

スマホをいじっていて、たまたま、気になる結婚相談所のサイトをみつけたのです。

「悩みを聞いてもらいたい」

気づいたら、電話をかけていました。


「ぷるるるるー」「ぷるるるるー」


長いこと呼び出し音なってました。



〇お休みなのに


「はい・・・」

ようやく電話に出てくれた、と思ったら、

女性が怪訝そうな声で

「今日はお休みなんだけど」

と。

Σ(゚д゚;)

「では、なぜでられる?」
と思いつつ、きいていると、

「偶然、事務所にきていた」
のだそうです。

でも、そこから、一通り話を聞いてくれました。


〇悩みを受け止めてもらう


もう、こちらが話をきいてもらいたくて、どうしようもなかったんですね。
自分も、相手のことを考えずに話し始めました。

相談所に入って2年経っていること。
お見合いもたくさんしたし、交際になった人もかなりいること。
現在も交際中になっている女性が3人いること。

年末、お見合いラッシュで、これで決めるつもりで何人もの人とお見合いしたこと。
バツ1の人ともお見合いをし、気持ちが盛り上がり始めていたのに、うまくいかなくなったこと。

そして何より、今の結婚相談所への不満。

結婚相談所を変えるつもりで、いくつかの相談所とコンタクトをとり、面談もしてもらったのものの、結局投げ出されるような形になってしまったことも。


〇「すみません。自分結婚できますか?」


最後にきいちゃいました。
「すみません。自分結婚できますか?」

そしたら、
「大丈夫ですよ。」
自信をもって答えてくれました。

このやりとりで安心できました。
ここからが第二のスタートです。