30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に30代後半。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

お医者さんとのお見合い(④N野さん)

女医さん イラスト

今回は、4人目にお見合いをさせて頂いたN野さんのお話です。

<お見合い申し込み>
N野さんには、こちらから申し込みをしました。
お医者さんだったので、なんか妙に緊張しました。
写真に歯が見える笑顔で映ってらして素敵でした。
数日後、オッケーをもらった時にはとっても嬉しかったです。

<お見合い調整>
N野さんとのお見合いの日程はすっと決まりました。
ただ、お見合いの日どりは少し先で、場所もあまり行き慣れない場所でした。
N野さんとは同じ地域に住んでいたので、行き慣れない場所を指定されたときは、(゚∇゚ ;)エッ!? って感じでした。

一度、こちらから、お互いに便利なはずの場所を提案してみたのですが、結局、最初に提案のあった場所でお見合いをすることになりました。
当日の席は先方が確保してくるとのことでした。

<お見合い会場まで>
お見合い場所が、自宅から、1時間ちょっとかかる場所だったので、早めに起きて、電車に揺られてお見合い場所まで行きました。当日は、30分ほど早く着きました。

<お見合い>
早めにお見合い場所についたものの、時間を過ぎても一向にN野さんの姿が見あたりません ?q|゚Д゚|p
ラウンジのスタッフにも何度かたずねたんですが、予約は入ってないし、先に来て待っている方もいないとのこと。だんだん不安になってきて、二度ほど店外に出て周囲を確認しました。しかし、それらしき人はいませんでした。

何か行き違いがあったのかも Σ(゚д゚;) と不安になっていると、

お見合い開始時刻を5分ほど過ぎたあたりで、あわただしく店内に入ってくる年配の女性と若い女性がいました。

N野さんでした。

どうやら、店外の順番待ちのテーブル席に座って、相談所の人と話込んでいた模様。
私が、テーブル席前を通らず、店内に入ったので、相手は気づかなかったようでした。

私も、店外のテーブルに二人がいることには気づいてましたが、周囲に気を取られず話込んでいたので、「さすがにこの人たちじゃないだろうな」と完全にスルーでした。

時間は少し過ぎましたが、「よろしくお願いします」とお見合いが始まり、お互いに、とりあえず、飲み物を注文しました。

お見合いでは、N野さんは、お医者さんなのに?とっても気さくな方で、趣味の話や食べ物の話でそれなりに会話が弾み、気まずい沈黙に陥ることなく、1時間のお見合いが終わりました。

帰りは、近くにある駅舎まで一緒に行き、改札前で別れました。

<結果>
お見合いでは、それなりに打ち解けて話したものの、N野さんとのお見合いのお返事をどうするか、かなり迷いました。
うんうん考えて「YESにしよう」と思ったのに、次のタイミングでは「NO」に傾いたり。

私が迷った理由。
それは、外見の部分です。
お顔立ちは気にならないのですが・・・。




馬の口に顔を近づける

「歯が気になる・・・」




歯並びはわるくないのですが・・・



歯が汚い・・・・。



分かってます (((( ;゚д゚)))
女性に言う言葉じゃないのは。

ただ、N野さん、ちょっと歯がでてらっしゃるのもあり、お口をあけたときに、歯がかなり見えるんですね。

それで、なんとなーく見てると、歯が黒ずんでるんですよ。

分かってます (((( ;゚д゚)))
女性に言う言葉じゃないのは。

でも、

あー。
キスできるかな・・・。
とか、考えちゃうわけですよ。

相手からしたら迷惑かもしれませんが。

それと、もう1つ。

着てこられた上着がちょっと・・・。
私、女性のファッションにどうこう言えるほど、オシャレじゃありません。
しかし、N野さん、そんな私が「ちょっと、一緒に歩くのに抵抗あるな・・・」と感じる服装でした。
私が、こんな風に感じるのは、かなり珍しいです。

それで、決めかねて、相談所のカウンセラーさんに相談してみました。かなり悩んだのですが、今回はNO(交際見送り)のお返事をすることに決めました。

今まで、無理して交際して、好きになり切れず、自分も疲れ果て、女性にも嫌な思いをさせる、というお付き合いを何度かしてきました。

何度も同じ轍を踏んではいけません。

今回は、心で涙して、こういう結論にしました。

<今回のお見合いで得られたもの>
カウンセラーさんから言われた一言。
「結婚って、すごい好きで一緒にいたくてたまらない人とするもの。」
「『好きになる努力』というのは、ちょっと努力の方向性が違うのでは・・・。」