30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

短大卒の看護士さんとのお見合い(⑧T藤さん)

看護師さん
ここまで、新規入会バブルで7人の方とのお見合い(&交際)をしました。
しかし、幸せな時期はいつまでも続きません。
申し込んでくださる女性が少なくなり、お見合い予定もここでパタッと途切れました。
新規入会バブルも終焉です。入会からちょうど1か月経ちました。

結婚に向かうためには、まず、お見合いをしなければ始まりません。
仕方ないので、申し込みの方の中から何名かをピックアップし、心機一転もう一度お見合いを組むことにしました。今回お見合いすることにしたのは、T藤さん、看護士さんです。

余談ですが、私、なぜか、看護士さんからの申し込みが多いんです。
不治の病を治してあげたくなるんでしょうか ?q|゚Д゚|p


<お見合い申し込み>
T藤さんからの申し込みでした。
旅行先で撮ったラフ写真も掲載されていて、それがキュート!
年齢は5歳下です。

<お見合い調整>
看護士さんなので、不定休のため調整に苦労しました。
伝えられた翌月の休みは、平日ばかり。
苦肉の策で、相手が休みの平日夜にお見合いをすることにしました。

<お見合い会場まで>
こちら側に来てもらいました。
ただ、こちらも、職場から向かったので、お見合い会場までけっこうかかりました。


<お見合い>
初顔合わせしたときには、なんか不機嫌そうに見えました。
ホテルラウンジの待合せ場所で待ってると、不機嫌そうな顔でこちらに歩いてきたんです。
「まさか、あの人がT藤さんかな?」

                                                  (((( ;゚д゚)))
なんかゾワゾワしました。

しかし、幸いなことに、挨拶を済ますと、その後は、普通に、気楽な感じでお話できました。

あらためて、お顔をみると、お写真通り、若くキュートでした。

お見合いでは、無難に、仕事の話や映画の話なんかをしました。
本当は、もっと踏み込んだ話をしたり、積極的にデートに誘ったりした方がよかったはずです。

もう一歩踏み出せなかった理由、
それは、不定休に気が重くなったんです・・・
                ε=ε=(;´Д`)

不定休の女性との交際。
過去に経験がありますが、すごくたいへんです ; ̄Д ̄)
仮に、T藤さんと交際させて頂くことになり、T藤さんが、次の週末休みをデートに充ててくれたとしても、会えるのは2週間後。
よくあるパターンだと「その日はもう予定が入ってる」からって、初めて会う日に来月を提案されたりします。T田さんのときもそうでした。

こちらが積極的になりきれずにいるうちに、いつの間にか時間は過ぎ、お見合いも終わりに近づいてきました。「1時間」、それがお見合い時間の目安です。

このとき、実は、私、お水を飲みすぎたせいで、トイレに行きたくなっていたけど、ずっと我慢してました。迷ったんですが、お見合い終盤、「ちょっとお手洗い行ってきていいですか」と尋ねました。

すると、T藤さん、「もうお開きにしませんか?」だって Σ(´д`;)
ちょっと、がっかりしていると、どうやら、T藤さんもお手洗いに行きたかったみたい。

なんか物足りなさを感じながら、お見合いはお開きになりました。

ちなみに、お見合いのお茶代は、男性が払うことになっています。
でも今回、T藤さんは、自分で払おうとしたんです。

「いや、大丈夫ですよ。」
と私が払いましたが、
「いいんですか?」
と釈然としない反応。

駅まで一緒に歩いたんですが、T藤さん、最後は立ち止まることもなく、別れ際、ささっと自分のホームに向かってしまいました。

「今度時間があったらお食事でも」
とかけた声が、T藤さんの背中に言ってる感じになっちゃいました。


<結果>
私は、返事をしてません。
T藤さんからは「交際見送り」でした。


なんか不完全燃焼のお見合いでした。
私は私で、交際したいのだったら、もっと積極的にいかなければいけなかった。

自分の気持ちにも迷いがあったんだけど、でも、相手から「交際見送り」を言われると、やっぱりへこむ ε=ε=(;´Д`)

<今回のお見合いで得たもの>

男性が積極的にいかないと女性はオッケーをくれないことがほとんど。
でも、無理して交際したところで、それが成婚へ近づく道とはいえない。
そこが難しい。それを再確認。