30代卒業!?10年婚活男子の決まらない恋の話

あっという間に39歳。確実に調子悪いです。結婚相談所での婚活あれこれについて綴ります。たまに日常・グルメレポートも。

帰国子女 女性とのお見合い(⑩U坂さん)

建築士 女性

今回は、帰国子女 女性とのお見合いの話です。
U坂さんは、帰国子女なのに、建築系のお仕事をしている変わり種。
実は、この日はダブルヘッダーで、L瀬さん→U坂さんの順番にお見合いでした。
余談ですが、私、なぜか、帰国子女 女性とのお見合いも多いんです。

<お見合い申し込み>
相手からの申し込みでした。
実は、今回のお見合いは受けるかどうかだいぶ迷いました。
というのも、ちょっとお写真の感じがおかしい・・・。
何がおかしい?かというと、
写真のアングルが変だったんです。

<お見合い調整>
すんなり決まりました。

<お見合い会場まで>
L瀬さんとのお見合いが終わった後、昼食を食べにラウンジを出て、その後、また同じラウンジへ (((( ;゚д゚)))

<お見合い>


このお見合いは失敗でした。
いや、私じゃなくて。

なんていうか、写真と実物が違うし、なんか癇に障ること聞いてくるんですよね~。
婚活疲れが溜まりまくってたんでしょうか、私?

お見合い開始時刻よりだいぶ前に、ラウンジに行き、席をとりました。
その後、ラウンジの前でU坂さんを待ったんですが、なかなかいらっしゃらない。

しばらくすると、一人ラウンジにやってきて、明らかに「お見合いの相手待ちです」って感じの女性が、こちらをちらちら見てるじゃありませんか。

「あれーお写真と違う感じだなー」とは思いましたが、お見合いでは、お写真と実物が違うことはよくあることなので、声をかけてみました。

私:「U坂さんですか」

相手:「・・・?」「なんておっしゃいました?」

私:「U坂さんですか」

相手:「あ、違います」

私:「あ、すみません」


違うんかい!
相手も、自信がなかったようです。

初っ端でいきなり気まずい思いをして、一秒が一分にも感じられる中、U坂さんの登場をまだかまだかと待ちました。

でも・・・、

ぜんぜんこない! (゚皿゚メ)

ふざけてるの?

この周囲が注目している気まずい状況から早く私を救いだして!

そんな心境でした。

だって、一般のお客さんもたくさんいる中で、ラウンジ前できめたスーツで待つ、という偉業をしているんですよ。

隠れてしまいたい!でも、隠れたら、U坂さんに気づいてもらえない。
(もう、自分で見つけるのは半分あきらめてました。)

葛藤する気持ちを抑えつけ、ラウンジの入り口前の一番目立つ場所に移動してみたり、今度は、入り口から離れて、女性が3人くらい立っている場所に移動してみたり・・・。

拷問・・・!('A`|||)

お見合いでは、開始時刻10分前までに、待ち合わせ場所に行くのが決まりになってます。時計を見て、あれ、そろそろ開始時刻だなーと思っていると、横から声が聞こえてきました。

「あの、すみません。〇〇〇(10年婚活男子)さんですか?」

「あ、はい」「U坂さんですか」

ようやく、対面できました。

しかし、この時、私の心の奥では、むかむかと怒りが湧き上がっていたのでした。

その後、確保しておいた席に移動し、お見合い開始!となったのですが、もうね、ぶっちゃけ、むかついちゃってるんですよ。

もっと早く声かけられたんじゃないかなーとか。

なんで、写真と実物のギャップが大きい人って、なかなか自分から声かけないのかなーとか。

疲れも溜まってたのかもしれません。

お見合いでは、それなりに話しましたけど、途中、聞かれた質問にむかっ💢てなったりしてしまって、もう、相手も「このお見合いだめだなー」って感じていたと思います。

とりあえず、帰り道は途中までご一緒したんですが、途中で、U坂さん「私あっちの○○駅なので」と違う方向に行かれました。

その後、私も振り返らずに駅へ歩きました。

<結果>


相談所のカウンセラーさんに相談。
最近、お見合いのお返事をどうするかさえ、カウンセラーさんに相談している自分。

L瀬さんは、もうお写真とのギャップが大きすぎて、「なし」。
U坂さんについては、「待ち合わせでドギマギしちゃった所に、かみ合わない相手で、イライラしちゃったんじゃない?」と言われました。

ということで、今回も交際への進展はありませんでした。

<今回のお見合いで得たもの>
おかしなアングルで映ってる写真の人には気を付けましょう。